原子力発電のない社会へ

by admin

「原子力発電は必要か?必要でないか?」
と、この議論は福島第一原発事故が起こってから今までずっと繰り返されてきました。
その議論のなかで度々話の中心に置かれるものの一つに太陽光発電があります。
脱原発派は原子力発電の代替エネルギーとして持ち上げ、原発推進派は発電供給が不安定だからと否定しています。
では、本当に発電供給が不安定なのでしょうか。
確かに太陽光を利用して発電しているため、夜間や曇っていたりすると発電量は激減してしまいます。
そうなると供給バランスが崩れてしまうため安定的な電力が期待できません。
でも、そのリスクを解決する方法があります。
それは蓄電池の存在です。
一般的には電気は溜めておくことができないものですが、これがあれば日中の晴れたときに発電させて余った電力を溜めておくことができます。
そして、曇りや夜間に溜めた電力を利用することで供給バランスを安定化させることが可能というわけです。
この太陽光発電と蓄電池を組み合わせることで原子力発電がなくても安定的な電力が供給することが可能となるはずです。
ただ、2つともまだ決して安い値段とはいえません。
今後、企業努力によって2つの価格が安くすることは可能です。
大量に生産して大量に設置、そして大量は発電することができるでしょう。
安心して安定な電力を利用することは決して夢物語ではないはずです。
これについて、原子力発電推進派はどのように反論するのでしょう。

レンタルドレスで撮影
ドレスで着飾ったあなたを、プロのカメラマンが撮影します。